「トイレの水漏れ」の修理代は高い!自分で修理しました!!

ビックリ!
朝トイレに入ったら、トイレの床が水だらけでした。

 

「トイレのタンクと排水管」を連結させているジャバラ管の継ぎ目から水が、ポタポタ落ちているのを見つけました。

 

とりあえずビニールテープで水漏れ箇所を、グルグル巻きにしました。

用心のために、水が落ちる下にタッパーを置きました。

↑白いテープを巻いた箇所から、水漏れしていました。

 

冷蔵庫に貼ってある水道屋のマグネット広告を見て、電話しました。

 

ネットでも水道屋を調べたりもしました。

 

いろいろと調べましたが結局、自分で修理することにしました。

 

スポンサーリンク

「トイレタンクと給水管」の水漏れの直し方

「トイレのロータンクと給水管」をつなぐジャバラ管(フレキチューブ)のパッキンを、交換すれば治ると思いました。

 

しかし、ジャバラ管が錆びていたので、まるっと交換することにしました。

 

部品と道具類

①ウォシュレット・ロータンク接続用フレキホース(1000円前後)
アマゾンではこの名前でした。

モノタロウの方が安かったけど、なじみが無いのでアマゾンで購入しました。

 

②レンチ?(名前が違うかもしれません)

 

③マイナスドライバー

以上の3つで、修理できました。

 

手順

止水栓を止める

マイナスドライバーで止水栓を閉める。
(水道の元栓を閉めてもOK)

止水栓

 

②トイレの水を流す

タンクの水を、空にしました。

 

③古いジャバラ管を外す。

レンチを使い、古いジャバラ管を外しました。

 

固くてなかなかナットが、回りませんでした。
あまり力を入れると、他が壊れそうなので恐る恐る外しました。

 

④新品のジャバラ管を取り付ける。

⑤止水栓を開ける
止水栓を開けて、トイレのロータンクに水を張りました。

水の元栓を閉めた方は、元栓を開けてください。

 

⑥修理が完了したかの確認

修理完了したかは見てスグに、分ります。

但し、水漏れが少ない時は分かりにくいかもしれません。
そんな時は、「つなぎ目にトイレットペーパーを当て」濡れているか確認してください。

 

*別件:私の家だけかもしれませんが。
止水栓を回すと水が、漏れ出てきます。
この現象は、止水栓に触れなければ大丈夫でした^^;
修理不要でした。

 

水漏れした原因

①古いので耐用年数を過ぎたのが、原因の1つと推定しました。

中古の家で、築33年経つのであちらこちら修理が必要です。

 

②ウオシュレットを自分で取付たこと?

17年前に自分でコジマ電気から、ウォシュレットを購入して取り付けました。
スゴイ大変だったのを思い出しました。

自分でウォシュレットを取り付けた時に、止水栓の周辺を痛めた可能性があります。

 

以上の2つの原因が重なった結果、水漏れが起きたと思います。

 

水漏れ修理業者

↑冷蔵庫に貼ってある「水道屋さんのマグネット広告」

 

自分で修理する前に
ポストに放り込まれている「水道屋さんのマグネット広告」から、3社ほどに電話してみました。

 

3社とも不思議なくらい、優しい感じの女性オペレータが出ました。

 

要件を話すと、3社ともスグ行きますと言いました。
住所も聞かないで、です(‘_’)

 

水道業者のオペレータに値段を聞きました

電話した3社とも同じ回答でした。

・現場を見ないと分からない
・見積もりは無料
・出張費も無料
・見積もりしてからでも断って良い、とも言われました。
*もし見積もり依頼をして、業者が来たら断る勇気ありません私。

 

 

なんか胡散臭いので、止めました。

ネットで調べると「水道業者の悪い点」ばかり散見されました。

良い業者もいると思いますが、慌てると損するかもしれませんね。

 

まとめ

朝トイレの床が、水浸しの時は冷静さを失っていました。

ただ、スグに水が漏れ箇所を、見つけられたので冷静になりました。

この時スグに頭に浮かんできたのが、TVのCMでした。「暮らし安心~♪♪」

 

ナベさん
ナベさん

もう63歳。
老後の資金を考えると「自分でできる修理は自分でやろう!」